メニュー
お客さま窓口

社会貢献

2017年5月
シンクパール活動報告


「ここがヘンだよ!?日本の子宮頸がん予防!」
国連女性の地位委員会(CSW61)の開催に合わせて
「NY女性からだ会議®2017」を実施 (2017年3月23日)

普段は話しづらい「女性のからだ」のことを膝を突き合わせて話してみよう!と日本各地で開催している シンクパールのイベント「女性からだ会議」ですが、今回はなんと海外での開催が実現しました。

3月、NYで行われた国連の会議「国連女性の地位委員会(CSW61)」に代表理事の難波美智代と顧問ドクターの産婦人科医、対馬ルリ子医師が視察に参加することになり、現地の日本人女性たちとの意見交換を兼ねた「NY女性からだ会議®2017」を開催することができました。

会では「子宮頸がん予防」の講演を中心に、日米の女性の健康に対する国の支援や環境の違いや、 女性たちの意識の違いなどについて質疑応答も行われ 「あまりに日本のヘルスケア対策が遅れていてびっくりした!」や「日本の教育で習ってこなかった事実が多すぎて愕然としている」と言った驚きの声が寄せられ、まずは自分のからだを自分自身で守る大切さ共有しました。今回改めて海外から見た日本の現状なども垣間見れ、もっと日本にいる女性たちが当たり前に健康で幸せな生活を送るために出来る事がある!と、シンクパールも決意を新たにいたしました。

また今回は、世界で子宮頸がん予防プロジェクトを推進する団体の代表も参加くださり、国内外に暮らす日本人女性たちを健康の側面から支援するために連携していくことになりました。今後は、さらに国内では入手しづらい必要な情報もお伝えしてまいりたいと思います。

※ 会の様子を現地日系メディアにご取材頂きました。
FCI news : http://www.fujisankei.com/video_library/event/ny-joseikarada-kaigi.html
UJP news : http://ujpdb.com/archives/3622